hug_banner1.jpg
 ようこそ小さな劇場へ。ハグでつながるココロとココロ「劇団ハグハグ共和国」

hug_btn1_nexthug.jpghug_btn1_nexthug.jpghug_btn2_concept.jpghug_btn2_concept.jpghug_btn3_performer.jpghug_btn3_performer.jpghug_btn4_contents.jpghug_btn4_contents.jpghug_btn5_ticket.jpghug_btn5_ticket.jpghug_btn6_clubhug.jpg

Concept

HOME > Concept -ハグハグとは-

From Writer


コンプレックスと芝居

『さみしいうさぎはコドクという名のドクを飲む。見えない迷宮の入り口で何を想いさまようのだろう』
旗揚げ作品の「うさぎ」に出てくるセリフです。

自分が芝居をはじめたキッカケは、コンプレックスからなんですが。

芝居をはじめる前は、周りに嫌われるのが怖くて、想いを伝えるのも怖くて、いつも「いいこ」でいなくちゃって頑張っていた気がします。

けれどそんな時に芝居に出会えました。

たくさんの力で舞台を創る過程を味わいながら、
声を届かせること、全身で表現をし、伝えること、そしてそこに感想や意見も生まれること全てから。
いろんな貰い物をしました。

コンプレックスは武器になる、
でも私はそれを受け入れる前に、それを見つめるのが怖くて自身に負けていた気がします。

受け入れて受け止めて。自分自身のコンプレックスを笑えた時に。
嬉しくて嬉しくて涙が出るくらい笑いました。

舞台は一枚の絵。額縁の中に心を描く。

人の心や感情はとても面倒で厄介。
でも厄介だけど素敵だなって思います。
それを表現することも。
そしてそれを
バトンリレーのように誰かに繋げていきたいから、続けているのだと思います。


顔をあげて空をみて風を感じて。
いろんなことを想像する。
目を閉じて開いて。
探していく。

小さな幸せが溢れてる日常。小さなモヤモヤももらっちゃう毎日。

でも
いつだって宝探しのような日々。

ここだよ。ここにいるよ。
飛べない翼を広げて、私は想いを空に飛ばす。

いつも
いつでも
どんなときも
生まれてきたあなたの想いを感じながら。



ハグハグ共和国代表 久光真央

劇団沿革


2000年11月

  • 演劇企画集団「梶ヶ谷七人囃子」のメンバーを中心にハグハグ共和国を立国・独立を宣言。

2001年6月

  • 第1回公演 『うさぎ』上演

2016年9月

  • 第30回公演 上演予定




INTERVIEW -私とハグハグ-


わかるようですぐにはわからないのが劇団の世界観。
少しでもハグハグ共和国を知っていただくために、
メンバーに「あなたとハグハグ共和国」というテーマでインタビュー。
役者から見たハグハグ共和国をお伝えします。

Vol.1_月野原りん

Q:演じるとは?






pic3.jpg
pic5p.jpgpic5p.jpg

公演DVD発売中!