8月23日 池袋演劇祭CM大会 小松聖矢

みなさんおはようございます! こんにちは! こんばんは!
せーやんです!

今回は特別編ということで、私、出てきちゃいました(笑)

本日8月23日(金)池袋演劇祭のCM大会があったのですが、

なんと!!

特別賞をいただちゃいました!!!!!!

まさかのまさか! 誰が驚いたって、まず我々が一番驚きましたからね!(笑)
派手なパフォーマンスや凝った演出の団体さんが多いなか、わりと地味な事をやっていたハグはまず受賞しないだろうと思っていました。……少なくとも私は思っていました。

そんなハグが今回おこなったCMは“群読”です。

持ち時間2分でCMしてください。となったときに、派手なパフォーマンスや凝った演出で勝負するのは当然のことです。短い時間で皆さんの心に残る必要があるのですから。

しかし、これを読んでいる方々の大半はご存じでしょう! 我々もう3日後には劇場に入るのです。そして5日後にはもう初日を迎えるのです。

本番がもうすぐそこに控えているなか、CM大会用に凝ったパフォーマンスを稽古する時間は正直ありません。というよりも、そもそもこのギリギリの時期にCM大会に出場すること自体が珍しい事のようです(笑)

そこでこの“群読”。「想いを届ける」という事を作品や演出の根底にもつハグハグ共和国は、その想いを届ける手段として「言葉を飛ばす」という手法をよく用います。「サイレント芝居」もその手段の一つです。

今回のCM大会はこの二つで構成されていました。

「言葉を飛ばす」というのは、“音圧を上げる”“語頭を強くする”など様々な細かい技術的な要素と感情的な要素が合わさった複合テクニックだと思っていただければと思います。
「サイレント芝居」は読んで字の如く“無言芝居”のことです。

想いを届ける群読。みれどさんがこれまで作品の根底としてきた物が演者にもドハマりした結果の受賞だったのかもしれません。

……正直に言ってしまうと、このCM大会のパフォーマンス用の稽古は極々わずかしかしていません。おそらく皆さんが思っているよりも遥かに少ないと思います。
それでも“特別賞”というありがたい賞をいただけたのは、普段の舞台稽古で「想いを届ける」という“技術”を磨けていたからなのかもしれません。

一見地味でセリフを読んでいるだけにも見えますが、見方を変えれば舞台稽古の成果の一端をお見せできたのかな? と思ったり、思わなかったり……。

そんなわけで今回のCM大会で少しでも興味も持って下さった方、ぜひ本番をご観劇ください!

こ ん な も ん じ ゃ あ り ま せ ん 。

特別賞をいただいたのは本当にありがたい事です。感謝です。感無量です。しかしもう一度言います。

本 番 は こ ん な も ん じ ゃ あ り ま せ ん !!

この群読で何かを感じた方、炸裂する魂の叫びを是非“生”でご覧下さい。
演劇だからこそ沸き上がる興奮を是非感じてください!

来週から本番です! 残す稽古は2日間! 大塚、萬劇場でお待ちしております!

唐突の受賞すぎて、このネームプレート耳かけ遊びのまま表彰されてすみませんでした!!

ネームプレートの位置おかしいでしょ?

【タイトル】
第31回池袋演劇祭参加作品
ハグハグ共和国Vol.33『夏休みの友たち』

【劇場】
大塚 萬劇場-劇場公式HP-
〒170-0004豊島区北大塚2-32-22
TEL:03-5394-6901
TEL(ロビー):03-5394-6260
JR山手線大塚駅北口下車・徒歩4分
都電荒川線巣鴨新田駅下車・徒歩3分

【タイムテーブル】
2019年
8/28(水)19時
8/29(木)14時/19時
8/30(金)14時/19時
8/31(土)14時/19時
9/1(日)12時/17時
※受付開始45分前・開場30分前

【チケット】
前売り:3500円
当日:3800円
学割:3000円
※小学生、中学生、高校生対象
※学生証の提示を求める場合があります。
※未就学児は無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA